最新情報から便利な使い方まで。Notion 情報に特化した Web メディア。

NotionとGitHubを連携させる方法



本記事では、 Notion と GitHub を連携させる方法を解説します。Notion と GitHubを連携させると、Notion で管理しているタスクと GitHub のイシューや PR (プルリクエスト)を一元管理することができます。

Notion と GitHub の連携には、同期データベースと GitHub プロパティを使った2つの方法があるので、それぞれやり方を解説します。

この記事でわかること

  • Notion とGitHub を連携させるメリット
  • 同期データベースで連携する方法
  • GitHub プロパティで連携する方法

接続方法1:同期データベースを利用する方法

同期データベースを作成して連携する方法を解説します。

💡

同期データベースとは?

別のプラットフォームのデータをNotionのデータベースとして同期する機能です。この方法では、GitHub にあるイシューや PR を Notion のデータベースに一元化できます。今回は、 PR を例に説明します。

STEP.1 Notion の「設定」を開き「自分のコネクト」から「GitHub」を選択

Notion と GitHub を接続する
Notion と GitHub を接続する

STEP.2 表示された認可画面で、「Authorize integration-notion」をクリック

GitHub 認可画面
GitHub 認可画面

STEP. 3 PR のリンクを取得し、Notion 内に貼り付ける

連携する GitHub リポジトリの URL https://github.com/xxx/xxx/pulls をコピーして、Notion のページ上に貼り付けます。「データベースとして貼り付ける」を選択すると、データベースが作成されます。

GitHub の PR ページの URL をコピーする
GitHub の PR ページの URL をコピーする

STEP.4 データベースとして貼り付けるを選択

Notion にデータベースとして貼り付ける
Notion にデータベースとして貼り付ける

STEP. 5 同期データベースが表示される

同期データベースが表示されたら成功です。

GitHub の PR がまとまった同期データベースが生成される
GitHub の PR がまとまった同期データベースが生成される

同期データベースの注意点

同期データベースは、読み取り専用(編集不可)になります。これは公式ページにもある通り、意図しない編集を保護するためにこのようになっています。

この方法では、最初に生成されたデフォルトのプロパティの編集はできませんが、後からプロパティを追加することは可能です。

接続方法2:GitHub プルリクエストプロパティを利用する方法

上記の同期データベースは読み取り専用となるため、柔軟なカスマイズをすることはできません。

一方で、GitHub プルリクエストプロパティを使った方法では、自分で作成したデータベース内のプロパティとして GitHub と接続することが可能です。

STEP.1 GitHubプルリクエストプロパティを追加

接続したいデータベースにプロパティを追加し、「GitHubプルリクエストを選択します」

GitHub プルリクエストを選択
GitHub プルリクエストを選択
💡

GitHub との接続がまだ済んでいない場合は、前章の GitHub の認可が必要です。接続したいリポジトリと接続してください。

STEP.2 ステータスの同期設定を追加する

接続に成功すると、ステータスプロパティとの接続設定が可能になります。GitHub PR のステータスに応じて、Notion 側のステータスが自動で変更されるようになります。

Notion と GitHub の自動接続

下記のいずれかを行うことで、GitHub PR と Notion のデータ接続された状態になります。

  • PR のタイトルに Notion のデータベースの ID プロパティを含める
  • GitHubプルリクエストプロパティで手動で PR を紐づける

接続されると、GitHub のステータスが自動で Notion に反映されるようになります。

GitHubプルリクエストと PR が接続された状態
GitHubプルリクエストと PR が接続された状態
接続されると GitHub PR のコメントに Notion のリンクが自動で投稿される
接続されると GitHub PR のコメントに Notion のリンクが自動で投稿される

まとめ

今回の記事では、 Notion と GitHub を連携させる2つの方法を解説しました。 Notion と GitHub を利用しているチームでは、この機能を使うことで業務効率化できるのでおすすめです。目的に応じて、この2つの連携方法を使い分けてみてください。

Notion は、無料で始めることができます。Notion の始め方や料金については、こちらのページで解説しています。

執筆協力:わたゆー(@watayu0828

💡

初学者からでも安心して Notion を学べるオンラインコミュニティ「Notion 大学」を運営中。Notion コミュニティとしては国内最大規模で、会員数は現在200名以上となっております。

  • 分からないことは24時間チャットツールでいつでも質問できる
  • コミュニティ内の限定勉強会でタスク管理や知識管理術が学べる
  • 1から学べる Notion 学習ロードマップで初心者からでも学習可能
  • Notion 大学限定の学習動画が100本以上
  • 定期的に開催している有料セミナーへの無料参加券
  • 過去の有料記事・有料テンプレートが全て閲覧可能

コンテンツや特典盛りだくさんです。参加方法は下記の記事をご覧ください。

この記事の執筆者

この記事の監修者

Tsuburayaのアイコン画像

Tsuburaya

Notion 公式アンバサダー(2021年〜 / 日本で7人目)。アンバサダーとして YouTube や Twitter で発信活動をおこなっている。本業は Web エンジニア。個人で Notion API を使ったアプリケーションを開発中。代表作は Fast Notion。株式会社 TEMP 代表取締役。

Twitter / YouTube